NAVI

子どもの健やかな成長を実現するために

●学資保険とは?

学資保険とは、子どもの教育費を準備するための貯蓄性の高い保険のことです。満期は、多くのお金が必要となる高校・大学の入学時にあたる年に設定されていることがほとんどです。また、小学・中学・高校・大学などの入学時にはお祝い金が支払われるのも特徴です。
そして、学資保険の最大の特徴は、契約者(親)に万一の事態が起こった場合、以後の保険料は免除され、加えて満期金も受け取ることができる点です。ここが貯蓄とは大きく異なる点で、要するに学資保険とは「貯蓄預金」と不測の事態に備える「保障」を組み合わせた保険なのです。

●預金との違い

学資保険が通常の預金と決定的に違うのは、契約者に万一の事態が起こった場合の保障が充実している点です。
例えば、預金ですと契約者が死亡した場合は、積み立ててあった分しか戻ってきませんが、学資保険の場合は、それ以後の支払いが免除され、なおかつ被保険者(子ども)が所定の年齢に達した時には、満期金を受け取ることができます。教育費を確保するという目的において、この保障で得られる安心感は通常の預金とは比べ物になりません。オプションで医療保障をつけたり、死亡保障をより充実させることも可能です。
また、預金のようにお金を引き出すことが容易にできないので、挫折することなく、確実に教育費を積み立てていくことができます。子どもの進学状況に合わせてプランを変更することができる点も、預金とは大きく異なります。

●こんな人は学資保険を

「将来、確実に子どもの教育費が必要となるけれど、計画的に貯蓄するのは苦手!それに、欲しいものがあると、定期預金からお金を引き出してしまう…」。こんな人に、学資保険はおすすめです。
なぜなら、学資保険は、「いつ、いくらもらえるか」が契約時に明確にされているので、将来の教育資金の計画が立てやすいからです。
加えて、途中でお金を引き出すことが容易にできない点もおすすめする理由のひとつです。商品のなかには、満期をむかえるか、解約するまで一部のお金も引き出せないものもあります。
また、晩産の人にもおすすめです。最近では30代後半以降に結婚・出産をする人が増えており、子どもの教育費が必要な時期に定年退職をむかえる人も少なくありません。学資保険には、退職後の収入が少ない場合に備えたプランも用意されているので安心です。